ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像

東京トリセツタイムズにようこそ!
今回ご紹介するのは、死ぬまで見てみたい絶景のひとつ、
誰もが一生に一度は訪れてみたい絶景スポット「ウユニ塩湖」
ボリビアにあるウユニ塩湖の素晴らしいタイムラプス映像が楽しめます。
ウユニ塩湖の絶景タイムラプス映像をぜひご覧になってください。
ウユニ塩湖は鏡面の世界。
空の青さや雲の流れが、ウユニの湖面に映り込みます。
CMや写真でも多く紹介されていますが、
おそらく、誰もが実際の目で見てみたいと思う絶景スポットではないでしょうか?

ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像
ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖

ウユニ塩湖 タイムラプス

ウユニ塩湖のタイムラプス映像のワンシーンを
切り取ってご覧頂きます。

ウユニ塩湖 映像のキャプチャー

ウユニ塩湖はいつ行っても鏡面の世界が見れるか?というと
そうではない。雨期のわずかな期間にしか鏡面の世界は楽しめない。

ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像
ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像
ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像
ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像
ウユニ塩湖のタイムラプスが美しい!一度は行ってみたい絶景の鏡面ウユニ塩湖の映像

ウユニ塩湖 タイムラプス本編

Reflections from Uyuni

撮影者はEnrique Pacheco氏
Enrique Pacheco氏はトラベルカメラマンとして世界で活躍
タイムラプス映像のスペシャリストである。

ウユニ塩湖(塩原)とは?

ウユニ塩湖は、あまりにも有名で説明する間でもありませんが、
少しだけ触れておきましょう。
ウユニ塩湖またはウユニ塩原はボリビアの西側にある
小さな町ウユニから車で1時間ほど。
最近は世界各国から絶景のウユニ塩湖を観光する為に訪れている。

ウユニ(スペイン語: Uyuni)はボリビアの西側にある小さな町である。
ウユニ塩原から車で1時間のところにあり、
塩原観光の拠点となっている。
2012年に新空港が開港して以降、
アマゾナス航空(英語: Línea Aérea Amaszonas)が
ラパス市から1日3便の定期便を運航している(2015年4月現在)。
また、ボリビア中央部のオルロ市から週に5便の鉄道が出ているほか、
ラパス・オルロ・ポトシなどの主要都市からのバス便も出ているが、
道路状態が悪いことと深夜運行にも拘らず十分な暖房設備を持たない
バスが多いため快適とは言い難い。

塩の生産と観光が産業のほとんどを占めている。
町の中心のポトシ通りには観光旅行業者のオフィスが何軒か並んでいる。
スペイン語はもちろん英語も通用する事務所もあり、
片言ながらフランス語ができる人もいる。

ウユニ塩原(スペイン語: Salar de Uyuni)は
ボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地。
標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、
面積約10,582km²[1]の広大な塩の固まり。
現地での本来の呼び名はトゥヌパ(トゥヌーパ)塩原であり、
これはウユニを麓に有する山、トゥヌパ山(en:Tunupa)に由来する。
塩原の中央付近で回りを見渡すと視界の限り真っ白の平地であり寒冷な気候もあって、
雪原の直中にいるような錯覚をおこす。

なお本項目では学術的に正確な表現である「塩原(えんげん)」を用いているが、
一般には「塩湖」と呼ばれることの方が多い。

ボリビアの国道5号に指定されており、
乾期(7月頃〜10月頃)には塩原はほぼ乾いておりその上を自動車で簡単に走行できるが、
雨期には若干の水が溜まり場所によっては自動車による走行ができないところも現れる。
乾期でも塩を数cmから数十cm掘ると水がしみ出てくる。
さらに塩原の周辺は細かな土の荒れた土地になっているので、
塩原内の旅行は一般の自家用車では不可能と考えた方がよい。
そもそも見渡す限り真っ白で目印は遠くに見える山と
地元の人が何カ所かにつけたタイヤの道標くらいしかないので、
地元観光業者の運転にまかせないと極めて危険である。
塩原を横断する公共の自動車は水没防止のために車高を高くしている。

アンデス山脈が隆起した際に大量の海水がそのまま山の上に残されることとなった。
さらにアルティプラーノは乾燥した気候であったこととウユニ塩原が
流出する川を持たなかったことより、
近隣の土壌に残された海水由来の塩分もウユニ塩原に集まって干上がることになった。
こうして世界でも類を見ない広大な塩原が形成された。

この塩原は高低差が100km四方で50センチしかないことが調査により判明しており、
「世界でもっとも平らな場所」でもある。
そのため、雨季に雨により冠水すると、その水が波も立たないほど薄く広がるため、
水が蒸発するまでのわずかな期間に「天空の鏡」と形容される巨大な鏡が出現する。
出典:wikipedia



ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Please do not copy