CMのトリセツ モデルのトリセツ 美容とダイエットのトリセツ

押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM

更新日:

東京トリセツタイムズにようこそ!
押切 もえが新しく出演するCM、D-UP(ディーアップ)の
ディーアップマスカラでは、
押切 もえ(おしきり もえ)がいきなり「すっぴん」の映像から登場!
すっぴんノーメイクでも「そこそこ美人」
「そこそこ美人」を合い言葉にディーアップマスカラのCMに
出演した押切もえのすっぴんをご覧ください。
確かに!スッピンでも「そこそこ美人」の押切もえ。
最近ではアイドルや女優、タレントのすっぴんの顔を
公表するのが流行している。
本当にすっぴんなの?という薄化粧のものもありますが
押切もえのすっぴんはいかがでしょうか?
D-UP(ディーアップ)マスカラのCMも含めてご覧ください。
D-UP(ディーアップ)マスカラのCMの放映は
2015年5月28日からテレビ放映開始です。

押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM

[sponsor PR]

押切もえのすっぴん画像

押切もえがいきなりすっぴん姿から登場!
すっぴんでも「そこそこ美人」
いえ…すっぴんでも結構美人なんですけど…
押切もえのスッピン姿は、ほんの一瞬ですが、
スチールにしてしまえば、ずっとすっぴん。
すっぴん顔の押切もえは、確かに目元が寂しいけれど十分美人!
女性はほんの少しのメイクでもガラリと変わる。

このD-UP(ディーアップ)マスカラのCMについて
押切もえのコメントがある。

【押切もえ本人コメント】
今までにない刺激的で楽しい撮影で、
“そこそこ美人”から変わっていくシーンは完成を見ながら
わくわくしていました。
テレビCMで自分のすっぴんがドアップで出るのは
不思議な気持ちですが、『ディーアップ マスカラ』に
興味を持ってもらえるきっかけになれたら嬉しいです。


押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM

押切もえディーアップマスカラ

私、すっぴんだと「そこそこ美人」
だけど、「ディーアップマスカラがあれば…」
「そこそこ美人」な私も「結構美人」にアップする!

押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM
押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM
押切もえスッピンでCM出演!ノーメイク押切もえ[そこそこ美人]ディーアップマスカラCM

[sponsor PR]

押切もえディーアップマスカラCM

押切もえディーアップマスカラのCM映像もご覧ください。


押切もえディーアップマスカラCMメイキング

押切もえディーアップマスカラのCM映像メイキングビデオ
もご覧ください。

押切 もえ プロフィール

1979年生まれ。千葉県出身。
ティーン雑誌の読者モデルから、「CanCam」の専属モデルを経て、
現在は「AneCan」の専属モデルを務める。
モデル業の他、テレビ・ラジオや広告キャラクターに
デザイン業執筆活動と多方面で活躍中。
2013年8月には処女小説「浅き夢見し」(小学館)を発刊し、
小説家デビューを果たした。

押切 もえ プロフィール

押切もえはプロフィールを見ると、苦労人である。
まだまだ活躍できる押切もえの活躍に期待。

押切 もえ
(おしきり もえ、本名同じ、1979年12月29日 - )は、
日本のファッションモデル、タレントである。
千葉県市川市生まれの松戸市育ち。ケイダッシュグループのパール所属。
来歴
松戸市立第五中学校卒業後、昭和学院高等学校に入学するも中退。
翌年、千葉県立市川西高等学校の一学年下に再入学し後に卒業。
在学中より、雑誌『Popteen』の読者モデルとして登場。
そのきっかけは、周りに雑誌に出ている子が多く、
当時通っていた地元の日焼けサロンで、声を掛けられたことによる。
『Popteen』に掲載されている写真について「ルーズソックスのブカブカ感は当時、
あまりお金がなく、履き込んで、ずっと使い続けていたから」とのこと。
その後、雑誌『egg』の読者モデルを経て、再び雑誌『Popteen』から
『東京ストリートニュース』へと、モデルとして、
ステップアップし着実にファンを増やしていった。
読者モデル時代は、誌面上で、当時のメイクから、
【コギャルのトップ】や【スーパー高校生】などの呼び方をされ、
読者の女子高生のカリスマ的存在になった。
『Popteen』卒業後も何度か紙面にゲストとして登場していた。
一度、雑誌『ViVi』のモデルに転身をはかるも失敗。
最初の頃はオーディションの話も仕事の話もあったが、
運好くスカウトされて事務所に入ったため、行く先々で、
自分をアピールできず、失敗。再び『Popteen』に出戻る。
そして2001年に”大人系女性”への転身を計るため、
『CanCam』の専属モデルとなる。
その直後、所属事務所が解散する。
自らが、月に1~2度ある仕事のスケジュール管理も行い、
タレント名鑑を購入し、希望する事務所に片っ端から電話するが叶わず、
『いつでもスタンバイして現場に行けるように』と考え日雇いのバイトを選んで働く。
不安だったが、1日1日を無駄にしていないという気持ちだけで乗り越える。
その後もえカジと言われる、おしゃれにカジュアルな服を着こなすスタイルや、
押切巻きという巻き髪スタイルで蛯原友里、
山田優と並ぶ同誌のトップ3人気モデルとして大ブレイク。
特に蛯原とは人気を二分し、以後のファッションモデルに大きな影響を与えた。
2007年4月号に同誌を”卒業”。
その後、2006年の春と秋に発売されて好評だった
『AneCan』が2007年3月からの月刊化にともない、
専属モデルとして抜擢された。
また、2003年、第31回ホノルルマラソンを女子総合1130位(4時間32分17秒)で完走。
翌2004年の第32回ホノルルマラソンには、盲人ランナーの伴走として参加した。
2007年5月30日に行われた藤原紀香と陣内智則の結婚披露宴において、
紀香にキャンドルサービスのトーチを渡す役を果たした。
出典:wikipedia

[sponsor PR]


ブログが気に入ったら
いいね ! してね

関連の記事(一部広告含む)

-CMのトリセツ, モデルのトリセツ, 美容とダイエットのトリセツ
-,

Copyright© 東京トリセツ タイムズ , 2017 AllRights Reserved.