猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン

東京トリセツタイムズにようこそ!

猫バンバンをご存知だろうか?

春一番も吹き春はもうすぐそこまで近づいているが、
まだまだ寒い日もある。

地域猫や野良猫も暖を取る為に車の下やタイヤホールなどで
休んでる姿も見受けられる。

「猫バンバン」は簡単に言うと、車の下やすき間などで休んでる猫に
「車を出すよ!」と知らせて上げる行為。

日産自動車株式会社は、車のエンジンルームやタイヤで
猫が被害に遭う事故の未然防止のために
「#猫バンバン」活動を推進している。

ほんのちょっとした事で猫を守ってあげられるなら
ドライバーとして知っておきたい行為である。

車を出す前にボンネットなどを叩いておとを出してあげるだけで良い。

今回は、日産が推進している「猫バンバン」の
プロジェクトムービーをご紹介したいと思う。

写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー
猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン

#猫バンバン

日産が推進している「#猫バンバン プロジェクト」に
#(ハッシュタグ)が付けられているのは、
主にSNSでの呼びかけのためである。

SNS、主にtwitterやFacebookなど、
日頃SNSに触れていない人達には広がっているが、
SNSだけでなく、もっと広がって欲しいプロジェクトでもある。

筆者もドライバーのひとりであるが、
駐車場で猫達を見かける事も多く、見かける猫達のほとんどは車の下だ。

日産が制作した「#猫バンバン プロジェクト」のムービーをご覧頂ければ解るが
ボンネットの中(エンジンルーム)やタイヤホール(タイヤの上)などで
猫達が休んでいる姿なども紹介されている。

これは、プロジェクトに賛同した猫を愛する方々の動画を集めて
制作されたものである。

#猫バンバン ムービー

#猫バンバン プロジェクトのムービーからの画像だが
「え?こんな所に猫?」というようなものも多い。

どうやって潜り込んだのだろう?

「#猫バンバン」とは、自動車の隙間に入ってしまった猫に、
こちらの存在を気付かせるために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩き、
車体を揺らすアクション。

毎年冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの
隙間に入った猫に気付かずエンジン始動をしたために、
猫が犠牲になってしまうという事故が多発している。

日産では、そのような悲劇を少しでも減らすべく、
乗車前には必ず猫がいないかを確認し、
気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけている。

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発信前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン 写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

猫にお知らせを!ドライバーならやってほしい発進前の儀式!広がるNISSANプロジェクト #猫バンバン写真画像:日産#猫バンバンプロジェクト キャプチャー

#猫バンバン プロジェクト

第1弾としては、特設サイトをオープンし、
「#猫バンバン」オリジナル マグネットステッカーの抽選配布を実施した。

特設サイトオープンから1週間足らずで1万リツイートを記録。
ステッカー応募には当選者1,000名(当初100名の予定が反響を受け増刷)に対し、
総勢約40,000件のご応募など、数多くの反響があった。

今回は第2弾として、2/22「猫の日」に向けて、
実際に映像を通してより多くの方に本活動の認知を広め、
アクションに繋げていくべく、
プロジェクトにご賛同いただいた猫を愛する方々(猫の動画をアップされている方)に
動画を提供いただき『#猫バンバン プロジェクトムービー』を制作。

#猫バンバンまとめ

猫が車の中に潜り込み事など滅多にないかもしれない。

滅多に無いかもしれないが、実際にそのような事故が多いのは事実。
滅多に無いと思っているのは、自分にとって経験が内だけの事で
今後も起こらないとは言い切れない。

実際に猫が被害になっている事が多い事から
このようなプロジェクトが生まれる訳なので、
「知っておく事が大事である」

車を運転するドライバーなら、知っておきたい事。
そのひとつの行為が「#猫バンバン」ではないかと思う。
この#猫バンバン プロジェクトは、
運転を始める前の事なので、日頃から癖にする事で
「余計な事故」を防ぐ事ができる。

ドライバーなら心がけておいて損はないのではないだろうか?
筆者も、今後は「#猫バンバン」をおこなってから、
車を出そうと思っている。

<過去の反響> ※2016年2月16日時点
【Twitter】
-2015年11月初回投稿時:
約10,000RT
-2016年1月プロジェクト発足時:
約10,000RT(※数日で達成)
-つぶやき数:
70,000件以上
【Facebook】
-2015年11月初回投稿時:
10,000いいね!、138コメント、3,391シェア
-2016年1月プロジェクト発足時:
6,729いいね!、71コメント、1,692シェア
【Instagram】
-投稿数:
1,276件
【プロジェクトサイト】
-アクセス件数:
約300,000アクセス(※立ち上げから3週間)
-Facebookへのシェア数:
約55,000件

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Please do not copy