イベントのトリセツ タレントのトリセツ モデルのトリセツ 美容とダイエットのトリセツ

ミスユニバース”宮本エリアナ”さんハーフ初日本代表!偏見と差別の払拭を望む日本の未来へ

投稿日:

ミスユニバース”宮本エリアナ”さんハーフ初日本代表!偏見と差別の払拭を望む日本の未来へ
東京トリセツタイムズにようこそ!
ミスユニバース日本代表”宮本エリアナ”さん
ハーフのミスユニバース日本代表は始めてとの事。
2015年12月20日に行われるミスユニバース世界大会へ望む
日本代表”宮本エリアナ”さん。
日本代表を決める44人のファイナリストの代表である。
”宮本エリアナ”さんはインタビューによると、
ハーフであるが故に幼い頃からいじめや偏見、差別にあってきたそうだ。
アフリカ系アメリカ人の父と日本人の母。
未だに肌の色による差別はこの日本にも存在する。
単にスタイルや容姿だけでなく心の美しさを秘めているのかもしれない。
今回は”宮本エリアナ”さんのインスタを含めて
ミスユニバース日本代表としての”宮本エリアナ”さんを
まとめてみたいと思う。

写真画像:日本代表”宮本エリアナ”さんinstagramキャプチャー
ミスユニバース”宮本エリアナ”さんハーフ初日本代表!偏見と差別の払拭を望む日本の未来へ

[sponsor PR]

日本代表”宮本エリアナ”さん

2015ミス・ユニバース日本代表”宮本エリアナ”さん
ミスユニバース日本代表ファイナリスト長崎県代表として
エントリーしていた”宮本エリアナ”さん。
趣味はバイクでツーリングと言うアクティブな美女。
ハーレーダビッドソンの展示会
”Harley-Davidson RIDE ON TOUR in Tokyo”にもひとりで現れるという
バイク好きである。
ミスユニバース世界大会も近づくにつれ、
宮本エリアナさんの話題も注目度がアップしている。
そんなミス・ユニバース日本代表の”宮本エリアナ”さんのプロフィールは?

宮本エリアナさんプロフィール

宮本エリアナさんのフルネームは、
宮本エリアナ磨美子(みやもと えりあな まみこ)
生年月日:1994年5月12日
出身:長崎県佐世保市
身長:175cm
スリーサイズ:バスト87/ウエスト60/ヒップ87
趣味:ツーリング(大型自動二輪免許保有)
特技:書道5段

ミスユニバースの公式インタビューでは…
興味がある事は、”料理”
鰹で出汁をとったお味噌汁が得意で、なめこと玉ねぎとキャベツがお気に入りとの事。
また、スポーツは8年間バレーボールでしていたというスポーツウーマン。

アルバイトなどでバーテンダーを経験しており、
接客を通して、新しい知識を身につけ学ぶ事が多くあったそうだ。
バーテンダーの所作はエレガントで奥深いと答えている。

宝くじに当たったら、何を買いますか?という質問に
「大好きなハーレーダビッドソンのバイクを買おうと思っています。」と
答えているほどのバイク好きである。
先にも書いているが、ハーレーダビッドソンの展示会
”Harley-Davidson RIDE ON TOUR in Tokyo”にひとりで見に行くと言う
事でも伺える根っからの女性ライダーである。

地元長崎の中学校を卒業後、アメリカの高校に通学。
帰国後はモデルを中心に活動している。

宮本エリアナさんのインスタ

宮本エリアナさんのインスタを少しご紹介しておこう!
インスタのキャプチャーの一部であるが、
写真で見るミス・ユニバース日本代表”宮本エリアナ”さん

そんなミス・ユニバース日本代表の”宮本エリアナ”さんのプロフィールは?写真画像:日本代表”宮本エリアナ”さんinstagramキャプチャー

そんなミス・ユニバース日本代表の”宮本エリアナ”さんのプロフィールは?写真画像:日本代表”宮本エリアナ”さんinstagramキャプチャー

そんなミス・ユニバース日本代表の”宮本エリアナ”さんのプロフィールは?写真画像:日本代表”宮本エリアナ”さんinstagramキャプチャー

そんなミス・ユニバース日本代表の”宮本エリアナ”さんのプロフィールは?写真画像:日本代表”宮本エリアナ”さんinstagramキャプチャー

[sponsor PR]

ミスユニバースショットを選んではいるが、
プライベート写真も多く、最近ではテレビ出演後のオフショットもある。

宮本エリアナさんのインタビューから

宮本エリアナさんのインタビューから見るミスユニバース日本代表。

宮本エリアナさんがミスユニバース日本代表に選ばれた後の
インタビュー記事に心打たれたので少し紹介しておこう。

ハーフとして初めて日本代表になった宮本エリアナさんは
「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えている。

2014年春、自分と同じハーフの友人が、自ら死を選んだ。
ハーフである事で自らのアイデンティティを見つけられず悩んだ末の事だったそうだ。

ミス・ユニバース日本代表に選ばれた後も
”ミス日本は両親が日本人でなければ”と一部で批判の声も出ている。

宮本エリアナさんは
「日本で生まれ、日本で育っているのに、日本人ではないのであれば、
ハーフの私たちは何人なのでしょう?」と指摘した。

子供の頃は、ハーフという事だけで、
ゴミを投げつけて笑われたり「色が移る」と言われて、
遠足や運動の時間に手をつないでくれない…

地方だからという訳でなく、ハーフ人口の多い
都会でもこのような差別は、おそらく未だにあるだろう。

宮本エリアナさんは現在、二重国籍である。
22才までに国籍を選ぶ事になるが、日本人だと思っているので
日本国籍を選ぶと語っている。

ハーフの宮本エリアナさんがミスユニバースの日本代表になった事で
いろいろな議論もあるようだが、
現在は、ハーフのスポーツ選手などが日本代表として活躍している。

日本を嫌いになる事無く、ぜひ頑張って欲しいものだ…

引用抜粋だが、ご興味があれば、出典元で全文をご覧頂きたい。

日本はグローバル化していると言いますが、
まだ根本的なことが変わっていないと思います。
というのは、例えば、仕事では海外の人を使うのに、
いざハーフの人たちが「自分は日本人だ」と言っても否定されてしまうのです。
そういったことを見ると「ハーフ=日本人」と、
心からは受け入れてもらえていないのでは、と感じます。

日本で生まれ、日本で育っているのに、日本人ではないのであれば、
ハーフの私達は何人なのでしょう?
そして、それはつまり外国人に対する偏見につながっていると思うので、
そういった認識を変えていきたいのです。

このことがわかって出場しているので、国内から批判の声があがるのは、
悲しくないとは言いませんが、想定内ではあります。
また、批判がないのであれば出場した意味がないとも思います。
国内外のメディアが、私のことを多く取り上げていただければ、
人種問題について問題提起をする良いチャンスになると考えています。

国内、国外問わず、ハーフであることで苦しんでいる人はまだまだたくさんいます。
そういった方たちからメッセージが届いたり、
同じ苦しみを持つ方やその親御さんから街で応援の声をかけてくださったり
することもあるので批判ばかりではないことも、力になっています
出典:huffingtonpost

日本代表”宮本エリアナ”さん まとめ

2015年ミスユニバース世界大会ももうすぐ!
偏見が残る日本で、ミスユニバース日本代表として
ハーフの宮本エリアナさんを選出したミスユニバースジャパン。
少なくとも宮本エリアナをハーフと言う偏見無しで選んだ

宮本エリアナさんは体型維持やダイエットなど
どのようにしてスタイルを作っているのだろうか?
紹介したインスタの最後の写真はトレーニング中のものだが、
スタイル維持には食生活やトレーニングも必要。
どのようにしてスタイルを作っているか?も興味のあるところ。

ミスユニバースは、

外面的な美しさだけでなく、
知性、感性、誠実さ、人間性といった内面の輝き、
社会に積極的に貢献したいという社会性を兼ね備えた
”オピニオンリーダー”の創造・サポートをコンセプトにしている。

宮本エリアナさんは、ごくたまにテレビ出演もしているので、
宮本エリアナさんのスタイル維持やダイエット方法やトレーニング、
美容方法なども紹介される番組もあるだろう。
宮本エリアナさんの美への追求や美の秘訣…
テレビ番組などでチェックしてみると良いだろう。

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

関連の記事(一部広告含む)

-イベントのトリセツ, タレントのトリセツ, モデルのトリセツ, 美容とダイエットのトリセツ

Copyright© 東京トリセツ タイムズ , 2017 AllRights Reserved.