テレビ番組のトリセツ 女優のトリセツ

黒木メイサのNHKドラマ”デザイナーベイビー”刑事役の”黒木メイサ”は妊娠中という意外性

投稿日:

黒木メイサのNHKドラマ”デザイナーベイビー”刑事役の”黒木メイサ”は妊娠中という意外性
東京トリセツタイムズにようこそ!
黒木メイサ主演のNHKドラマ”デザイナーベイビー”が放映を迎える。
親が望む子供を作るための医療技術”デザイナーベイビー”
第1回目の放映では、黒木メイサが妊娠中という…
産休前に起こった事件から始まる物語。
”デザイナーベイビー”言葉をそのまま解釈すると
「親の願望によってデザインされた子供が出て来る話」と想像できるが
生殖補助医療の技術を元に作られたドラマ。
医療技術の進歩をも垣間みる事ができるかもしれない。
妊娠8ヶ月の刑事役”黒木メイサ”は身重のまま出産する事無く
ドラマが進んでいくのだろうか?それとも…
新生児失踪事件から始まる2015年秋のNHKドラマ
”デザイナーベイビー”は見逃せないドラマとなるだろうか?

写真画像:デザイナーベイビー公式サイトキャプチャー
黒木メイサのNHKドラマ”デザイナーベイビー”刑事役の”黒木メイサ”は妊娠中という意外性

▶[ニュースブログランキング]

[sponsor PR]


▶ポイントザクザク[楽天カード]

NHKドラマ”デザイナーベイビー”

2015年9月22日から放映開始のNHKドラマ”デザイナーベイビー”
黒木メイサはじめ登場人物も多彩である。
NHKドラマ”デザイナーベイビー”公式サイトでは
ドラマの見どころや企画意図が公開されている。
脚本の早船歌江子氏のコメントによると、
「生殖補助医療」の事について書かれている。
この医学の進歩を垣間みる事ができるかもしれない
デザイナーベイビーというドラマを観てみたい気にさせる。

望みを叶える手段を手にした人達の物語
脚本・早船歌江子
おそらくこのタイトルを見た人達のほとんどが、
親の願望によってデザインされた子供が出て来る話だろうと
想像するはずです。まあ、そうかもしれません。
でもここまで書いてみて思うのは、これは「手段」を
手にした人達の物語になったなということです。
「手段」とは時に誘拐であり、生殖補助医療の技術です
。取材をしていくと、生殖補助医療には「もうこんなことまで出来るのか」と
驚くような技術が存在していました。
そのほとんどがやってはいけないことになっていますが、
法的な縛りはありません。つまり、やるやらないは個人の選択次第です。
これは、結構怖いことです。
叶えられなかった望みを叶える「手段」は、すでにある。
でも私達はまだその扱いを心得ていません。
何が正しいかなんて分からないので、
とにかく最終話まで登場人物達とたくさんの間違いを犯して、
なんとかその先にあるものが見えないかなと思っています。
出典:NHKドラマ デザイナーベイビーサイト

 

NHKドラマ デザイナーベイビー キャスト

NHKドラマ10デザイナーベイビーのキャストをご紹介しよう。

速水悠里(黒木メイサ)

警視庁捜査一課特殊犯捜査係。
妊娠8ヶ月となり、庶務課に異動していたが、新生児誘拐が発生し、
捜査手腕を買われて現場へ復帰。
夫や思春期の連れ子との時間は大事にしたいが、
いざ現場に出ると刑事の血が騒いでしまう。

 

土橋福助(渡辺大知)

警視庁捜査一課特殊犯捜査係。
速水の夫役として産婦人科に潜入。
特殊班として誘拐に関わるのは初めてで、
時に空回りするも、プライドを持って邁進中。

 

西室義一(手塚とおる)

警視庁捜査一課特殊犯捜査係。叩き上げの現場刑事。
速水の若い頃から面倒を見ていて、お互いに事件の筋読みをするのが楽しみ。

 

日村健吾(神保悟志)

警視庁捜査一課特殊犯捜査係・係長。
今回の誘拐事件の現場責任者。速水の刑事としての能力を高く買う。

 

与那国令子(松下由樹)

警視庁捜査一課・管理官。
事件の指揮をとるエリート警察官。女性初の本部長を目指す。
仕事に心血を注ぎ、女が仕事と家庭と両立することが難しいと考え、
速水に時に厳しく当たる。独身。

 

須佐見誠二郎(渡部篤郎)

城南大学附属病院産婦人科・教授。
周産期医学を専門とする分娩のエキスパート。
生殖医療に力を入れ、分娩を軽視している病院の姿勢に疑問を感じている。
速水のことは、刑事としてよリも、妊婦として放っておけず、憎まれ口を叩く。

 

崎山典彦(渡辺いっけい)

城南大学附属病院産婦人科・特任教授。
『トータルケアプロジェクト』という高度生殖補助医療を担う中心的人物。
不妊に悩む女性たちの妊娠率を大幅に上げた、城南大産科のスター医師。

 

皆本順(細田善彦)

城南大学附属病院産婦人科・講師。
『トータルケアプロジェクト』の一員。
誘拐に遭遇した近森親子の担当医。
若さに関わらず、生殖補助医療には抜群のセンスを持つ。

[sponsor PR]
▶ポイントザクザク[楽天カード]

 

柊奈智(伊藤裕子)

城南大学附属病院産婦人科・医師。
周産期の専門であり、須佐見のことを尊敬している。

 

山原あけみ(斉藤由貴)

城南大学附属病院産婦人科・胚培養士。
人工授精を専門に行う胚培養士、その腕前は抜群で、
不妊治療に力を入れる「トータルケアプロジェクト」の中核を担う。
速水が気を許せる、数少ない女性。

スポンサーリンク

峠緑郎(柴俊夫)
大井出慎(佐伯新)
有吉久美(臼田あさ美)
近森優子(安達祐実)
近森博(池内万作)
岸田トモ(安藤玉恵)
岸田裕也(淵上泰史)
峠則孝(柿澤勇人)
下地浩介(山崎樹範)

黒木メイサ(くろき めいさ)

黒木メイサはテレビドラマや書くメディアで活躍しているので
今更感もあるが、一応プロフィールをwikiからひも解く。

黒木メイサのNHKドラマ”デザイナーベイビー”刑事役の”黒木メイサ”は妊娠中という意外性写真画像:黒木メイサ公式サイトキャプチャー
黒木メイサのNHKドラマ”デザイナーベイビー”刑事役の”黒木メイサ”は妊娠中という意外性写真画像:黒木メイサ公式サイトキャプチャー

黒木 メイサ(くろき メイサ、1988年5月28日 - )は、
日本の女優、ファッションモデル、歌手、タレント。
スウィートパワー所属。夫は元KAT-TUNで歌手の赤西仁。
人物
生い立ち
1988年(昭和63年)、4人姉妹の末っ子として生まれた[2]。
黒木の生家は沖縄県名護市辺野古(へのこ)にある[3]。
10歳のとき、黒木はジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、
沖縄アクターズスクールに通った。
経歴
芸能界に入ったきっかけは、中学2年生の時、
すぐ上の姉が東京から沖縄に来ていたスカウトの人に声をかけられ、
姉が黒木本人が写っているプリクラを見せたところ「この子に会いたい」と
興味を示して自宅まで訪れ、そのスカウトの人に会ったことだった。
1年間は断っていたが、中学卒業時に芸能界入りと上京を決心した[2]。
2004年(平成16年)、女性ファッション雑誌『JJ』(光文社)に
モデルとして出演するようになった。
同年2月には、つかこうへい演出の舞台『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』に
舞台初出演して主役を務め、それ以降は女優として舞台、ドラマ、映画などに多数出演した。
2007年(平成19年)、第44回ゴールデン・アロー賞(2006年度)新人賞を受賞。
翌2008年(平成20年)6月からは、女優に加えて歌手としての活動も始めている。
2012年(平成24年)12月、アメリカの映画サイトTC Candlerが毎年恒例で
発表する「世界で最も美しい顔100人」ランキングで54位に初ランクインした[4]。
私生活
2012年(平成24年)2月2日に元KAT-TUNの赤西仁と結婚したと、
同年2月9日に所属事務所を通じて発表された[5]。
発表当日のスクープ記事に対応する形で公式発表され、
またスポーツニッポンなどでは黒木が妊娠2か月であると報道されていた[6][7]。
結婚報道から、2か月以上過ぎた同年4月14日に、
所属事務所から妊娠4か月であることを正式発表。
報道各社に直筆のファクスを送信した[8]。
2012年(平成24年)9月23日午後、夫の赤西立ち会いのもと第一子となる女児を出産。
当日夜、夫婦連名のFAXで、第一子の誕生を報告した。
出典:wikipedia

 

黒木メイサ関連サイト

黒木メイサの関連サイトをご紹介しよう。
黒木メイサ公式サイト

黒木メイサ スイートパワー

黒木メイサtwitter

 

関連の記事(一部広告含む)

icon-check チェックが入っている時は押さないでね!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

最新記事が配信されます

-テレビ番組のトリセツ, 女優のトリセツ
-

Copyright© 東京トリセツ タイムズ , 2017 AllRights Reserved.