アナウンサーのトリセツ タレントのトリセツ

神田愛花は熱愛報道で謝罪!日村勇紀ラジオで交際報告!きっかけ気になる日村勇紀と神田愛花!

更新日:

神田愛花は熱愛報道で謝罪!日村勇紀ラジオで交際報告!きっかけ気になる日村勇紀と神田愛花!
東京トリセツタイムズにようこそ!
バナナマン日村勇紀と元NHKアナウンサー神田愛花の交際が
すっぱ抜かれた!「半同棲」
でもあんまり「すっぱ抜かれた!」感が無いような…
それでも各所で話題になっていますが、
あまり驚きが無かったりして…
双方の事務所も公認のようなので、「幸せいっぱい」という事で
済んでしまいそうな話題の一つです。
それでも楽しみなのがバラエティ番組などで日村がこの話題で
「いじられる」期待感でしょうか?
そこで出てくる話題が楽しみ!

神田愛花は熱愛報道で謝罪!日村勇紀ラジオで交際報告!きっかけ気になる日村勇紀と神田愛花!

[sponsor PR]

日村勇紀と神田愛花 熱愛報道で神田愛花が謝罪!

日村勇紀と神田愛花 熱愛報道で神田愛花が謝罪!
謝罪と言っても神田愛花が朝一番でtwitterで一言!
でも…なんだか幸せ感があっていいですね!

日村勇紀ラジオで交際報告!

TBSラジオ「JUNKバナナマンのバナナムーンGOLD」番組冒頭から交際の話題に。

「昨日からフライデーに出るって聞いて。 夜眠れなくて、朝とかワイドショーとか見てました。 こんなに大きな話になっててビックリ」と報道についてコメント。 相方の設楽統(41)が交際について振ると「付き合ってます」と認めた。 設楽に「付き合ってから2カ月くらいだよね。 フライデーされるの早くない!?」と突っ込まると日村は爆笑。 「なんで日村さんなの?って周囲に聞かれるみたいよ」と 神田側のエピソードも自虐的に話していた。 「俺の初対面の印象が良かったらしい」とノロける場面もあり、番組中はご機嫌だった。

スポニチアネックスより

日村勇紀と神田愛花 出会いのきっかけは?

日村勇紀と神田愛花の出会いのきっかけは テレビのバラエティ番組との事ですが…
どのような経緯でおつきあいする事になったのでしょうか?
やはり…「爆笑オンエアバトル」なのでしょうか?
そうするとかなり前からになりますね…
出会いはずっと前だけど、付き合いは二ヶ月前?
ここでお決まりのきっかけは… 番組の打ち上げやお食事会でグループの飲み会から始まり
やがて…意気投合して…というパターンが濃厚ですが
日村さんがどうやって神田さんを口説いたか?
日村さんが神田さんを口説いた台詞やシーンを 思い浮かべると… ブルル…
なんか思い浮かべたく無い気もする。
でも…長い知り合いから、付き合いが始まったんでしょうね〜


日村さんは相当なお金持ちで、歯の矯正に500万も掛けたり
高給時計を収集するほどの趣味もある。
神田さんはフジTVの「めざにゅー」やBSの番組でも活躍していますが、
日村さんよりも露出度は少ない。
こうやってみると、
もし日村勇紀と神田愛花の結婚が実現すると
神田さんは専業主婦になる事も考えられますが
いずれにしても正確の良さそうな二人なので
ほのぼのした家庭が気づけそうな気がします。
まっ、いずれ二人のなれ初めなどが暴露されると思いますが
どのくらいの時期まで話題になるのか?
というようなフライデーのすっぱ抜きですね。
最近このようなゴシップ系の話題が少ないのかな?
いずれにしても事務所公認のおつきあいのようですので
結婚発表も早いのではないでしょうか?
さて…日村勇紀と神田愛花のおつきあい… 結婚まで行くか?
それとも日村の独身万歳生活が続くか?楽しみですね。
いずれにしても今が幸せならそれで良い!
TBSラジオ「JUNKバナナマンのバナナムーンGOLD」番組内では
神田愛花からのアプローチだと明かしているそうだ…

日村勇紀と神田愛花 相次ぐ続報

日村勇紀と神田愛花の話題はまだ尽きない… 神田愛花がコメントの中で下記のようにのろけている。 以下スポニチアネックスより

お笑いコンビ「バナナマン」日村勇紀(42)と交際していることが分かった元NHKのフリーアナウンサー・神田愛花(34)が20日、フジテレビ系情報番組「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜後1・55)の直撃取材に応じ、交際を認めるとともに日村について「温かくて男らしい方」「顔の全部が好き」とのろけた。 突然の直撃に「すみません。お騒がせしてしまって」と謝罪した神田アナは日村について「イメージ通り温かくて男らしい。イメージよりまじめだった」と回答。また、非があるとすれば「太っているところ」と指摘し、その理由について「体調が心配なので」と日村をいたわった。 17日発売の写真週刊誌「フライデー」(講談社)が、日村の自宅マンションに神田がたびたび宿泊する様子や、ベランダから外を見つめるツーショット写真を掲載。日村は18日放送のTBSラジオ「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」(毎週金曜 深1・00)で、神田との交際を生報告し、交際のきっかけが神田からのアプローチだったことを明かしていたが、実際は食事を誘ったのは神田で「ご飯を食べていく中で、日村さんが“付き合おう”と言ってくださった」と明かした。 また容姿について「顔が好き」と話したが、実際の理想の顔は「(米俳優の)ディカプリオ」だという。それでも「(両者の共通点は)好きなことをやっていること。顔については、人種が違いますので」と話して直撃者を笑わせていた。

さらに…

フリーアナウンサー・神田愛花(34)と交際中のお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀(42)が20日、フジテレビ系『ノンストップ!』(毎週月~金 前9:50)にVTR出演。以前よりアプローチしていた同局の山崎夕貴アナウンサーに向け「ぼく、幸せになっちゃいました~」と満面の笑みでお詫びした。 この日、自身の主演映画『新選組オブ・ザ・デッド』の舞台あいさつで台湾を訪れた日村からVTRメッセージが届けられ「山崎さん! まぁいろいろあったんですけども、すみませんね。ちょっと僕、幸せになっちゃいました」とメッセージ。続けて「山崎さんのこと、もて遊ぶつもりはなかったんですけど、今でも好きですよ。でも、ごめんなさい。僕、幸せになっちゃいました」と笑顔で謝罪した。 VTR明けに山崎アナは「えっ、なんなんですか」と驚くと、MCの設楽統が「まぁね。日村さんが山崎さんのこと好きみたいなこと、ずっと裏で言ってましたからね」とフォロー。これに山崎アナも苦笑いで「なんか、勝手にフラレみたいな…」と笑わせていた。

[sponsor PR]

日村は18日放送のTBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜 深1:00)で、 神田との交際を生報告し、交際のきっかけが神田からのアプローチだったことを明かしていた。

バナナマン日村勇紀(42)との熱愛が発覚した元NHKの神田愛花アナウンサー(34)が22日、ネット上で「すごく悲しくなる記事」を見つけたとして、「全然違うのに…」と困惑を示した。

 

日村勇紀

コーヒーとスイカが食べられない。スイカはにおいを嗅ぐとカブトムシを連想してしまうらしい…

日村勇紀
大喜利の腕も高く、吉本興業主催の大喜利イベント『ダイナマイト関西』の2006年オープントーナメント大会に参戦。開幕戦を難なく突破し、ケンドーコバヤシに善戦するも敗退。本来ツッコミでありながらぶっとんだ発想を活かした回答は、関西のお笑いファンにもその存在を大きくアピールした。なお、この大会の予選では相方の設楽とも対戦し、勝利している。その他にもIPPONグランプリ 〜秋の陣〜にも出場している。
数字の読み方が変わっており、3を「ザン」、8を「パチ」と点々をつけて呼んでいる。この日村流数字音読法は、アンタッチャブルやおぎやはぎ等が普通に使用している。
左利きであり、幼児期の矯正によってペンは右で使用するが、これを除き箸や投球等は全て左である。
2008年にレーシックを受け、視力が良くなったが、かつては自宅で度入りのサングラスをして生活していた。また、2011年にインプラントの治療も受けた。
一時期、設楽を車で家まで送り迎えをしていた事がある。
名前
愛称は「日村さん」(相方の設楽が使う。日村も相方を「設楽さん」と呼ぶ)・「ヒムケン」など。「ヒムケン」とは、主にくりぃむしちゅー、土田晃之、爆笑問題、アンジャッシュなどから呼ばれている。日村によると「ボキャブラ世代の芸人は大体そう呼ぶ」と述べている。フルネームが「日村勇紀」であるにもかかわらずそう呼ばれているの理由は、本田みずほが「陸上部」時代の相方である原田健(ただし読みは「たけし」)を「ハラケン」と呼んでおり、ついでに日村も「ヒムケン」と呼び出したのがX-GUNを介して広まったものである[6]。他にもラジオの中では「ヒムペキ兄さん」と呼ばれていた。
バカリズムによると、高校時代の友人から「バイブ」と呼ばれていたことがある[7]。2010年7月16日放送のバナナマンのバナナムーンGOLDにて、設楽が日村本人に確認したところ事実ということが判明。バカリズムによると、日村は「たぶん仲間内で話をしているうちに携帯のバイブが鳴っちゃって、それからバイブと呼ばれ始めたのかな」と語っていた[7]。後日、その友人に確認を取ったところ、電動こけしのバイブに似ていたからと判明した[7]。
近年ではバナナマンのバナナムーンGOLD内で相方の設楽に「ヘチマ」に似ていると言われてから、ラジオ内でリスナーに「ヘチマ」と罵られるのが定番化してきている。

神田愛花

趣味が海釣り…え?
一級船舶操縦士の免許も持っている大の海釣り好きだそうだ…

神田愛花
学生時代
大妻中学高等学校を経て学習院大学理学部数学科卒業。中学・高校時代には生徒会長を務めた。
大学時代は飯高茂(学習院大学理学部数学科教授)研究室に在籍した。また、大学在学中には女性ファッション雑誌に読者モデルとして登場したことがあるほか、3年生時にはミスキャンパスコンテストで、『ミス学習院』に選ばれた。
NHKアナウンサー
大学卒業後、2003年入局。初任地は拠点局の福岡放送局だった。
福岡局時代から(特に2005年以降)度々全国区の番組に出演、2005年には青山祐子の代役で『サタデースポーツ』、『サンデースポーツ』のキャスターを務めたほか、第56回NHK紅白歌合戦『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』のお披露目隊として先輩の高山哲哉とともに日本全国を走り回った。主に東日本担当であった。また、2006 FIFAワールドカップ放送では総合テレビで日曜日の朝に放送されていたウィークリーハイライトのサブMCも務めた。このこともあり期間中は毎週上京していた。
2007年春の東京異動後、2年間務めた塚原愛の後任としての『爆笑オンエアバトル』6代目司会(この時、キャッチフレーズは「愛から愛花へ」)と、BS hiの番組『にっぽん力検定』(その後『双方向クイズ にっぽん力』に改題)の司会となった[1]。また、2007年11月25日には、全国高等専門学校ロボットコンテストの全国大会の司会を担当した。
2008年にフジテレビで放送された『FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』内「さんま・中居の今夜も眠れない」では、明石家さんまが選ぶ「さんまのラブメイト10」の4位とされた[2]。
2012年2月にNHKを退職する意思を伝え[3]、3月31日付で退職。

なんか…本当に普通のカップルって感じで好感持てる。
お幸せに!

ブログが気に入ったら
いいね ! してね

関連の記事(一部広告含む)

-アナウンサーのトリセツ, タレントのトリセツ
-,

Copyright© 東京トリセツ タイムズ , 2017 AllRights Reserved.