明日もきっと、おいしいご飯!昼ドラで[オムライスで言ってみたの]大募集!銀のスプーン

明日もきっと、おいしいご飯!昼ドラで[オムライスで言ってみたの]大募集!銀のスプーン
東京トリセツタイムズにようこそ!
今回ご紹介するのは2015年6月からスタートの新「昼ドラ」
「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜」
原作「小沢真理」の「銀のスプーン」が実写ドラマに!
主役は高杉 真宙(たかすぎ まひろ)
波乱ある生活の中の物語。
昼ドラならではの、はらはらどきどき、それでもほのぼの…
今回は、「明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン」が
番組と合わせて、みなさんが作ったオムライスの写真を募集。
オムライスにメッセージを書いた「オムライスで言ってみたの」を
募集するので、オムライスに描いたメッセージキャンペーンを
含めて、少しだけ物語もご案内いたします。

新しく始まる昼のドラマ「明日もきっと、おいしいご飯」は
人気も出そうなドラマですね。
主婦のくつろぎタイムである新昼ドラをご覧ください。

明日もきっと、おいしいご飯!昼ドラで[オムライスで言ってみたの]大募集!銀のスプーン

明日もきっと、おいしいご飯!

明日もきっと、おいしいご飯は、
コミックでの原題は「銀のスプーン」
ドラマ版では、サブタイトルに使われています。

『銀のスプーン』(ぎんのスプーン)は、
小沢真理による日本の漫画作品。
2010年から『Kiss』(講談社)で連載されている。
単行本は講談社コミックスキスから既刊10巻
(2014年9月12日現在)が発行されている。
家族の食卓をテーマに、料理作りに目覚めた男子高校生とその家族、
友人たちの日常と成長を描いた作品。
毎回、家庭料理やその料理にまつわるエピソードなどが描かれる。
単行本(3巻以外)の末尾には、
各話に登場する料理を作者が実際に作って紹介する
調理のコツやレシピなどが紹介されている。
出典:wikipedia

原作:小沢真理「銀のスプーン」(講談社 Kiss 連載)
脚本:森山あけみ、西井史子 ほか
演出:金子与志一、島崎敏樹 ほか
プロデュース:松本圭右(東海テレビ)、西麻美(松竹)、原克子(松竹)、竹内絵唱(松竹)
音楽:市川淳(Singlecoil)
制作・著作:松竹株式会社
制作:東海テレビ

キャスト

早川律:高杉真宙
早川恭子:富田靖子
花山大輔:山田純大
雨宮真也:河井青葉
鈴井環:岩田さゆり
茂木和彦:木本武宏
早川調:前田旺志郎
早川奏:田附未衣愛
雨宮路加:山口祐輝
一柳隆:和田聰宏
鈴井みつ子:芳本美代子
小川絹江:藤田弓子 ほか

明日もきっと、おいしいご飯!ストーリー

オフィシャルサイトにあらすじがありますので
引用させていただきます。

早川家は、大学生の律(高杉真宙)、母・恭子(富田靖子)、
弟・調(前田旺志郎)、妹・奏(田附未衣愛)の4人家族。
父・大洋(川合俊一)が事故で亡くなって以来、
恭子が女手ひとつで子どもたちを育ててきた。

12年前、小学生だった律(篠原湊大)は、
クラスメイトの母親から盗人の濡れ衣を着せられたことがあった。
律の窮地を救ってくれたのは、恭子の笑顔と大好物のオムライス。
いつも笑顔で誰のことも傷つけない恭子。律は、そんな恭子が大好きだった。

時は経ち、大学の建築学科に通う律は、ヤンチャで正義感の強い調、
ちょっと甘えん坊の奏、そして変わらぬ笑顔の恭子と、
賑やかで幸せな日々を送っている。
この暮らしがずっと続く――この時、律はまだそう思っていた…。

そんな中、母の恭子が突如、入院することになる。
風邪をこじらせただけだろうと言う医師・花山(山田純大)の
言葉に一度はほっとする律だったが、
検査の結果、悪性の腫瘍が見つかって…。
出典:明日もきっと、おいしいご飯 サイト

明日もきっと、おいしいご飯!キャスト

明日もきっと、おいしいご飯!〜銀のスプーン〜
キャスト及び物語の相関図がありますので、
こちらもオフィシャルサイトのキャプチャーで…
(告知関係データがないもので…)

明日もきっと、おいしいご飯!昼ドラで[オムライスで言ってみたの]大募集!銀のスプーン

[sponsor PR]

明日もきっと、おいしいご飯!で募集

昼ドラ「明日もきっと、おいしいご飯」では
期間中オムライスにメッセージを書いた写真を募集している。
いろいろなオムライスに書いたメッセージを
投稿してみてはいかがでしょうか?

オムライスで言ってみたの。

オムライスに言いたい事を書いて応募しよう!
言いたいけど言えないことや、黙っていたこと、怒っていることや、
幸せに思っていることまで、何でもOK!
皆さんのあふれる思いのたけを、オムライスとケチャップに
ぶつけてください。
文字を書いても、イラストでも、表現の手段はまさに無限!

最優秀賞は、主演の高杉 真宙が選ぶ!
最優秀賞 5万円分のお食事券&高杉 真宙のサイン入りポストカード

締め切りは、7月10日まで!
オムライスに色々なメッセージを書いて応募してみてください!

明日もきっと、おいしいご飯!昼ドラで[オムライスで言ってみたの]大募集!銀のスプーン

高杉 真宙(たかすぎ まひろ)

高杉 真宙は女の子に間違えられてスカウトされるという
いきさつを持っているだけにイケメン!
お昼のドラマで主婦を虜にしそうですね。

高杉 真宙(たかすぎ まひろ、1996年7月4日 – )は、
日本の俳優。福岡県出身。スパイスパワー所属。
略歴
熊本県で行われた花火大会で女の子に間違われ
スカウトされたことがきっかけで、芸能界デビュー。
2009年、舞台『エブリ リトル シング’09』で役者デビュー。
2010年には、『半次郎』で映画初出演。
2012年の映画『カルテット!』で初主演を務める。
出典:wikipedia

高杉 真宙 関連サイト

高杉 真宙twitter

高杉 真宙ブログ
[高杉 真宙オフィシャルブログ]

明日もきっと、おいしいご飯!ニュース

タレントの川合俊一がドラマ「明日もきっと、おいしいご飯」の
インタビューを受けている。
役どころが「故人」なので遺影だけかと思いきや…
ちょっと笑えるエピソードですね。

タレントの川合俊一が26日、6月1日スタートの昼ドラマ
『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』
(東海テレビ・フジテレビ系 毎週月~金曜13:25~13:55)の制作発表に出席した。
同ドラマは、小沢真理原作の人気コミックを実写化した作品。
ガンで長期入院することになった早川家のシングルマザー・恭子(富田靖子)の
代わりに台所に立つ長男・律(高杉真宙)だったが、
退院の日を迎えた矢先、恭子が血のつながった母親ではないことを知る――というストーリーだ。

川合は、まだ子どもたちが幼い頃に、事故で亡くなった早川家の
父・大洋役。26日に行われた制作発表で、
川合は「スポーツ上がりなので、ドラマとか全然やってこなかった」と、
今作がドラマ初出演であることを明かした。

物語がスタートする時点で亡くなっている役であり、
「遺影だけと言われたので、それならいいか」と思って出演を快諾したという。
ところが、実際には回想シーンで、少しではあるがセリフも撮影することに。
「ほーら律、今日からここがお前の家だぞ」というセリフだが、
演技未経験で、どのように話せばよいか分からなかったため、
撮影前日は東山紀之に相談したという。
東山から「あまり強弱をつけない方がいい。時代劇っぽくなる」と
アドバイスを受けた川合は、言われたとおりに実践したが、
ただの棒読みになってしまい「恥ずかしかった」と顔を赤くしながら振り返った。

演技の素人ではありながら、役づくりにも挑戦。
スタッフから「どっしりしたお父さん役」という要望があったため、
体重を5キロ程度増量し、撮影時には108キロにまで達した。
自らの姿に、川合は「遺影を見てもらえれば分かると思いますが、
パツンパツンの顔をしています」と、役づくりの成果に満足の様子。
ふくよかで、幸せそうな写真になっている。

増量の方法は「お酒です。もう本当に苦しかったです!」と、
苦労したかのように明かした川合。
司会者から「お好きなお酒をたくさん飲めたということですか?」と確認されたが、
「苦しかったです!」と、つらい役づくりだったことを、ことさら強調していた。
出典:マイナビ


ブログが気に入ったら
いいね ! してね

Please do not copy