自然と現象

皆既月食2015年4月4日-赤い月の皆既月食の観測をしよう

更新日:

東京トリセツタイムズにようこそ!
2015年4月4日は全国的に皆既月蝕が見られます。
直近だと2014年の10月にも皆既月食はありましたが、
皆既月蝕は数年に一度の天体ショーです。
もちろん当日の4月4日が全国的に晴れになるとは限りませんので
見れない地域もある可能性もあります。
晴れる地域がラッキーというしかないですよね〜
どのようにしたら皆既月蝕が見られるのか?
簡単です。夜空を見上げて月を見れば良い。
肉眼でも観測できますが、もっと大きく皆既月蝕を見たい場合は
天体望遠鏡があれば完璧ですが、双眼鏡や望遠カメラでも
比較的大きく見えます。
皆既月食2015年4月4日-赤い月の皆既月食の観測をしよう出典:[Lunar eclipse[月蝕2011]]

▶[ニュースブログランキング]

[sponsor PR]


▶ポイントザクザク[楽天カード]

スポンサーリンク

2015年の皆既月食は4月4日の何時から?

2015年4月4日の皆既月食は、
いったい何時頃から観測できるのでしょうか?
[皆既月食 2015年4月4日|自然科学研究機構 国立天文台]の
皆既月食のページを見ると、

部分食の始め--4日19時15.4分
皆既食の始め--4日20時54.2分
食の最大(食分 *)--4日21時00.2分(1.005)
皆既食の終わり--4日21時06.4分
部分食の終わり--4日22時45.1分

19時15分辺りから徐々に部分的に欠け始めるんですね?

皆既月食だけを観測したい場合は
20時54分から21時06分に観測すれば
赤い月が見えるという事になります。
食の最大が21時ですので、ジャスト21時がまさに赤い月。

南東の空が見えるお家でしたら、
庭やベランダからでも月食を観測する事ができます。
ただ…角度が大事ですので、
高い建物が邪魔していると月が見えません。
[月の角度を知り撮影に生かす-月の撮影に最適アプリ Sun Surveyor]
という月の角度をリアルタイムで見れるアプリもありますが
有料のアプリですので、月食の観測のためだけに
アプリを購入するのはお勧めできません。

皆既月食の月はなぜ赤い?科学と言い伝え

皆既月蝕のときの月は「赤い!」
なぜ皆既月蝕の時の月は赤く染まるのでしょうか?

皆既月食2015年4月4日-赤い月の皆既月食の観測をしよう出典:[Lunar eclipse[月蝕2011]]

月食とは?

月食は、太陽と地球と月が直列し
太陽の光が地球によって遮られて月に届くので
普段は煌煌と輝く月が地球の影によって暗くなるんですね。

月食(げっしょく、月蝕、英語: lunar eclipse)とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。望(満月)の時に起こる。
日食と違い、月が見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測・観察できる。

[sponsor PR]
▶ポイントザクザク[楽天カード]

太陽の光が地球によって遮られた時
太陽の光が地球の大気によって「波長が短い青い光」が散乱され
残った「波長の長い赤い光」は弱くなりながらも大気を通り抜けて月に届きます。
「波長の長い赤い光」は空気の影響を受けにくいので
赤い光が散乱されながらも残った赤い光によって「月が赤くなる」のです。
これは、地平線から昇る朝日や、地平線に沈む夕日も同じような原理。
「青い光」が届かないから朝日や夕日が赤くなってるのですね。

なるほど!

キヤノンのサイエンスキッズラボの
[日食・月食のふしぎ]では図解で説明されていますので
よろしかったらご覧ください。

皆既月食の言い伝え

皆既月食は月が欠けていく事から、
世界中では様々な言い伝えもあるようです。
食の胃最大には、今まで白く光っていた月が赤くなるんですから
「不吉」な感じもしたでしょうし、
知識も無いまま始めて赤い月を見たら怖く感じるかもしれません。

月食に限らず、月の出や月の入りには月が赤くなります。
これは先ほどの朝日や夕日の原理と同じ事ですが
まだ高い位置の月が突然赤くなり始めると、ビックリしますよね。

この赤い月は「ブラッドムーン」と呼ばれています。
直訳すると血の月ですから、あまり良い言い伝えは無いのかな?

皆既月食の月をビデオやカメラで撮ろう!

皆既月食の様子をビデオやカメラで撮影してみましょう!
最近のデジタルカメラは、かなり性能が良いですので
コンパクトカメラでも皆既月食は撮影できます。
スマホでも可能ですが、かなり「技」が必要です。
スマホのカメラの場合はフォーカスが変わってしまいますので
フォーカスが固定にできたり望遠にできる場合は
取れると思います。

スマホのカメラはともかく…
皆既月食の月を撮影してみましょう。
お子さんと一緒に皆既月食を撮影するのも良いですね。

皆既月食見えた?
[皆既月食を観察しよう 2015]
皆既月食を観測して報告しよう!というサイトがあるみたいです。

皆既月食の撮影に必要なもの[皆既月食撮影準備]

月を撮影するのはそれぞれのカメラで設定が異なります。
ましてや普段の月の明るさではないので、設定も違います。
オートモードでも撮影できると思いますので…
この章では必要なものしか書いておりません。

デジタルカメラ
今時のデジカメなら望遠レンズだと思いますので十分です。
できればマニュアル撮影ができるものが好ましい。
三脚
三脚は必要ですね。
カメラを固定できる三脚をご用意ください。
以上…(笑)

ビデオカメラも同様に三脚をご用意ください。
ビデオカメラの場合オートフォーカスでしか
撮影できない場合もありますので、
しっかりと月にピントが合っていないと撮影できません。
三脚に固定しつつ、月が移動するのを三脚の角度合わせを緩めて
手動で追っていく事になるかもしれません。

[sponsor PR]

▶[父の日日比谷花壇ローズロールケーキ]

いずれにしてもカメラやビデオカメラを固定する
三脚が必要という事です。
月食の撮影に関しては下記のような記事を参考にしてください。
[2015年4月4日の皆既月食の撮影を準備せよ![皆既月食の撮影攻略]]
月の撮影方法などは
[月の撮影方法(月と風景編)]
ちょっと専門的かもしれませんがね…

関連の記事(一部広告含む)

icon-check チェックが入っている時は押さないでね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

最新記事が配信されます

-自然と現象
-

本日のアクセスランキング

24時間内でよく読まれている記事を表示しています。

本日のアクセスランキング

関連のありそうな記事

この記事に関連のありそうな記事を表示しています。よろしかったら併せてご覧ください。

Copyright© 東京トリセツ タイムズ , 2017 AllRights Reserved.